伝説的なDJでプロデューサーのPaul Van Dyk(ポール・ヴァン・ダイク)はベルギーでのA State of Tranceのパフォーマンス中にステージから落下し背骨を骨折したが、回復をとげDJ業に戻ると発表した。「自分がありえないと思っていた理由で私の人生が変わってから3ヶ月になります。今まで経験したことがないような大変な挑戦でした。」と、このドイツ人プロデューサーは彼のFacebookページでの声明で話した。

 

「完全に回復するまでにはままだ長い時間がかかりますが、私は自分の情熱の元に戻り、皆さんと音楽への愛と更なる忘れられないような瞬間を共有し、この二度目のチャンスをマックスまで楽しむため、ポジティブにできる限りのことをしています。今まで以上に感謝し、楽しみたいです。」

 

このドイツ人DJは、Cream Ibizaで複数の日程でプレイし、通常のフェスにもコミットすると発表した。ポールおかえりなさい!

 

BACK TO TOP