期待の新星Brooksがダンスミュージックの生きる伝説David GuettaとMartin Garrixとのコラボレーション新曲”Like I Do”をリリースしてから数ヶ月。この豪華な3名が各々もつ独自のサウンドが織りなすキャッチーで高揚感のある当曲はダンスフロア、DJブースに無限のエナジーを送り続けている。

 

 

Like I Doはハイピッチなロボティックボーカルに、クリーンでエッジの効いたソウシンセサウンドとバウンディングなドラムビートで構成されている。そして忘れてはならないのが、美しく、かつ複雑なコード進行だ。

Brooksはこれまでエレクトロミュージックシーンに革命を起こしてきた。Martin Garrix ( GRX ) と彼の前作Boomerangとbyteはそのいい例だ。DancefairではBoomerangを題材に40分間の講義を成功させた。BrooksとGarrixの友情によって成立したこれら楽曲達は、今レジェンドDavid Guettaとのコラボレーションまでも実現させてしまった。

ハイクオリティな楽曲制作スキルと大物達と渡り歩く胆力を持ち合わせているBrooksの2018年、これまで以上の革命をダンスミュージック界にもたらしてくれると期待せずにはいられない。

 

 

Q1. Like I Doのリリースおめでとうございます。この楽曲について教えていただけますか?

ありがとう!この曲はDavidが長い間温めて来たアイデアを元に作られた楽曲なんだ。彼がMartinと僕にそのアイデアを伝えてくれた時の衝撃は忘れられないね。それから、最初のドラフトを3人で完成させて各々のライブで試してみたんだ。そして最終盤を完成させたという流れさ。

 

Q2. David GuettaとMartin Garrixとのコラボレーションはどうでしたか?

面白いよ、本当に。僕達3人はこのトラックが完成するまで一度も会っていないんだ!DavidはArenaツアーでとても忙しく、MartinもAsiaツアーで超多忙だったからFacetimeやemailでコミュニケーションを取り合っていたんだ。この夏、Davidが彼のIbizaでのショーに僕を招待してくれてたんだけど、これが僕にとって彼に直接会う初めての機会なんだ。もし、そこでまた何かエキサイティングなものが生まれそうだったら、すぐに教えるよ!

 

Q3. 日本のファンの皆さんにメッセージをお願い致します。

みんな!いつもありがとう!日本に行ける日を楽しみにしているよ!日本についてはいい話しか聞かないからね!そして4月14日に僕は23歳になったんだけど、皆さんんとお祝いできたことを嬉しく思うよ。

 

 

今回のコラボが、ダンスミュージックシーンの歴史に残ることは間違いないであろう。David Guetta、Martin Garrix、そしてBrooks。時代を創り上げている彼らのコラボは、既に多くの国と地域でものすごい数のファン、そして関係者に愛される楽曲になっている。リリースから日は経ってしまったが、今回多忙を極めるBrooksからコメントを頂き、日本の皆さんにやっとシェアすることができた。彼らの活躍から、ぜひ目を離さないで頂きたい。さらにすごいプロジェクトが近く発表されるかもしれない・・・。

 

BACK TO TOP